建築工事の発注は一括方式、それとも分離方式?

家を購入する際にはよく検討してください

一戸建て住宅を購入する際、すでに出来上がった分譲住宅を買う場合と設計から始める注文住宅の購入があります。多くの人にとって、自分の好きな間取りやデザインの注文住宅を建てる方が好ましいといえるでしょう。分譲住宅と違って、住み始めてから使い勝手に対する不満や内装などの問題が少なくなるからといえるようです。その点、注文住宅の場合は設計段階から業者と一緒に話を進めるので家族構成やライフスタイルに合わせた設計が可能になります。その場合、一般的にはハウスメーカーと呼ばれる住宅メーカーや工務店に一括でお願いするか、それとも設計は別途設計事務所にお願いするか、という方法があります。

それぞれのメリットとデメリットをよく比較して

例えば、工務店に建設業務を一括でお願いする場合、設計業務が外部の設計事務所に下請けに出されるケースが多いようです。外注された設計業務は、設計事務所が工務店の下請けとして進めることになり、工事中の設計事務所による監理業務の段階で図面と異なる部分が出てきたり、当初の設計で想定していないような事態が起こっても、指摘しにくいということがあるといわれています。ただし、工務店がすべての管理業務を行うという窓口責任の明確化というメリットもあるでしょう。その一方、設計事務所に設計業務を依頼し、工事施工を工務店に別々に発注した場合、設計事務所は、施工主の代理として工事の監理業務を行えることになります。設計と異なる個所が見つかった場合、遠慮なく施工会社に通知できるメリットがあるといえるでしょう。

コスト面も含めた総合的な検討が必要です

このように、家を建てる際に、工務店に一括発注したほうがいいのか、それとも設計は設計事務所、施工は工務店と別々に分離発注したほうがいいのか悩むところでしょう。分離発注した場合、工務店が設計事務所の元請けにならないので、マージン分のコストは確実に安くなるでしょう。したがって、工務店によっては分離発注を嫌がるところもあるようです。他にも、庭工事や塗装工事、水回り工事など、工務店が外注で施工する作業は結構あるといわれています。それぞれ専門性の高い工事は、本来、直接専門業者に委託するのがベストかもしれません。建築後、定期的に行うリフォームは、その内容ごとに専門業者に発注することがベストといえるのではないでしょうか。

木造住宅の筋交いを設置する際は、規定の金物を取付することが必要であり、構造計算によって定められた強度以上のものを設置しなければなりません。