居抜き物件の良いところと悪いところについて

店舗物件探しは大切な項目

新しくお店を始めたり、あるいはお店を移転するときに重要となってくるのが店舗物件ですね。立地などによっても、お店の売り上げなんかはずいぶん変わってくるものですから、店舗物件選びはまさにお店の命運がかかっていると言っても過言ではないくらい大切なものです。店舗物件を選ぶ時、さまざまな選択肢があるでしょうが、できる限り出店に関しては経費を削減したいと考えるのが一般的な心情です。居抜き物件はそういう人のためには打ってつけの物件と言えるでしょう。

居抜き物件の良いところ

居抜き物件というのは、厨房やら設備のレイアウトをそのままにして貸し出している店舗物件のことを言います。たとえばラーメン店の居抜き物件というような場合、ラーメンを作るための厨房や設備を残したまま貸出しをしている店舗物件ということになります。同じ業態、業種であれば、厨房や設備などにお金をかけずに店舗物件を見つけることができるため、かなりの経費節約になるわけです。工期も短縮することが可能なので、家賃も割安になります。

居抜き物件の良くないところ

既に厨房などの設備が整っている居抜き物件は、経費削減や早急な店舗探しなどには大いに貢献するでしょうが、いっぽうでデメリットもないわけではありません。全く同じ業態であっても、コンセプトの違いなどからレイアウトの変更などをしなければならない場合、むしろスケルトン物件よりも経費が掛かってしまうこともあります。また、設置されている厨房などはいわば中古ですから、故障の可能性なども考える必要がありますね。こうしたリスク面を考慮しながら、居抜き物件を探していきたいところです。

店舗物件は住宅物件よりも家賃が高額になりやすい傾向がある他、立地環境で利用客の数が大きく変わることから同じ間取りでも物件によって家賃に大きな差が生じることがあります。