賃貸マンションの契約前に、住んでいる人を調べておくことは重要なことです!

朝晩にマンションの住人と顔を合わせてみることです

マンションは一戸建てと違い、壁を隔てて他人同士が住んでいます。そのために、上下左右の住人がどのような人なのかはとても重要になります。エレベーターがあるマンションともなれば、50世帯を超える集団住宅となり、毎朝同じ人がエレベーターで顔を合わせることにもなります。管理人に住人のことを聞くのは当然ですが、管理人が質問に対してイメージを悪くするような答え方をするとは思えません。借りようと思う棟のエレベーターを朝晩乗り降りしてみることです。

波長が違う人は住んでいないか

マンションは他人同士が生活をするのですから、一見変人と思われる行動をとる人も存在します。小さな子どもが騒ぐなどは解決の方法があるものですが、大人のわからず屋は始末に負えません。「あらぬ噂をたてる人」「ピアノの音に大声で怒鳴り込む人」「陰湿なイジメを繰り返す人」などについては、管理人も把握しているのでさりげなく尋ねてみることです。近隣住人の人となりを知る手段で、他人を無視できるものではありませんから、良く聞いておくことです。

マンション外の周辺の人に尋ねてみることです

マンションの住人に問題のある人が住んでいたとなれば、入居後に大変後悔をしてしまいます。すでに問題が表面化しておれば、住人も管理人も教えてくれるでしょうが、反社会的な組織に属する人の場合は知らない場合がほとんどです。これらの人につながる人が住んでいるとなれば、棟が別であっても不安を抱えて住み心地がよいものではありません。問題のある人がいるマンションは、内側よりもむしろ外側で噂が広まっているものです。商店や町内会など周辺の人に聞いた方が情報が得られるものです。

帯広の賃貸マンションは、防犯システムとして、テレビモニター付きのインターホンなど様々な防犯システムがあるので、安全に生活することができます。